【これが正解!】信頼できる保険の営業マンを見抜く2つの質問

こんにちわ!けいこママです。
昨日の埼玉震源の地震は久しぶりにビックリしましたね!

都内の事務所でデスクワークをしていたんですが、私は地震の瞬間、机の上のコーヒーが倒れそうなのを必死に押さえることしかできませんでした。人って急に何かに襲われたときって、意外と動けないものですね。

普段、お客様相手に「リスク」のお話をしているのに、私がいざというときに動けないってお恥ずかしい話ですね。

今日は『信頼できる保険の営業マンを見抜く質問』についてお話したいと思います。
リスクについてお話していても、いざと言うときに全く動けなかった私が言うのもなんですが、その営業マンが本当に信頼出来るかどうかを見抜くことって重要ですよ(苦笑)

信頼できる保険の営業マンとは?

良いプランを持ってくる?話が上手?

保険の営業マンに限って言うと、「良い保険プランを提案してくれる」とか「お話が上手」なんてことを当てにしてはしてはいけません。

その人に合った保険プランを提案するのは、ごく当たり前のことです。
逆にそれができない営業マンは論外です。

「お話が上手?」私は決してお話がうまいほうではありません。
それでも、毎回保険相談に来られるお客様には満足していただいてます。

では、何が信頼できるポイントなのでしょうか?

話を聞いてくれること

生年月日を聞いて、すぐにプランを提示してくるような営業マンはすぐにお断りしましょう。
これは「仕事が早い!」って言うのではなく、自分よがりの営業をしているだけです。

保険ってそんなに簡単にプランが出来上がるものじゃないんです。
その人の生活や家庭環境、収支、将来の夢、色んなことを考慮して、保険でリスクヘッジ(危険を回避する)出来る部分があればプランを考えて提案するものなんです。

そのためには、まず『話を聞く』ことって大事なんです。
自慢話や世間話が多い営業マンは勘違いも甚だしいですから、時間のムダになりますよ。

信頼できる営業マンを見抜く質問

一般的な質問2つ

マイナビニュースの中で、「強引に勧誘される? 信頼できる“生保営業マン”を見抜く質問2つ」と言う記事がありました。その中で、信頼できる営業マンを見抜く2つの質問と言うものがあります。

1. 保険料は年齢を重ねると変わっていくのか

2. 保障が大きいのはいつまでか

マイナビニュースより引用

実はこの質問、外資系保険会社の営業マンに聞いている質問なんです。
そして、この質問が当てはまるのは「国内大手保険会社の商品を販売する営業マン」に限られます。

国内大手保険会社の販売する保険は、上の質問の2つとも引っかかります。
保険料が定期的に上がっていき、保障が途中で小さくなったりなくなったりする保険なんです。

外資系の保険会社はこのような保険を販売することを嫌がります。
どちらかと言うと、保険料が上がらずに保障もずっと続くもの、を提案します。

だからこんな質問を投げかけるんですね。
この質問が悪いと言っている訳ではないんですが、実はもっと重要な、聞いておかなければいけない質問が2つあるんです。

この質問が正解!本当に信頼できる保険の営業マンを見抜く2つの質問

外資系の保険会社の営業マンを否定するつもりはないのですが、実はもっと重要な質問があるんです。

1. あなたは何社の保険会社の商品を取り扱えますか?

もう時代は、どこかの保険会社に属している営業マンから保険に加入する時代じゃありません。色んな保険会社の保険を比較して一番自分に合った保険を選ぶと言うのが常識になってきています。

だから、いくら外資系でも“1社専属の営業マン”では、あなたの選択の幅が狭くなってしまうんです。
外資系といってもたくさんあります。数ある外資系の中で比較して決めたほうが保障内容が良かったり、保険料が安かったりする可能性があるのでお得ですよ。

2. 火災保険や自動車保険って扱っていますか?

この2つは損害保険ですので生命保険ではありません。
でも、保険の営業マンが損害保険を扱うことが出来るって実は重要なんですよ。

なぜなら、私たちの身の回りのリスクって生命保険だけでは補えない部分が多いんです。
そして、損害保険と生命保険の保障(補償)の範囲が重なっていることもあるんです。

だから、損害保険でカバー出来ている部分があるのに、営業マンに損害保険の知識がないことでムダに生命保険を掛けさせられてしまうこともあるんです。

誰だってムダに保険料を支払いたくはないですよね。
でも、間違った営業マンを選んでしまうと節約のつもりがムダが発生してしまうことに繋がってしまうんです。

まとめ

いかがでしょうか?今回は私がネットニュースで見かけた記事をもとに感じたことを書いてみました。
でも、本当にまだまだ「信頼感だけ」で営業をしている営業マンが多いんです。

個別の会社名は伏せますが、保険料が他の保険会社よりも高いのに、「自分がフォローしている」と言うブランドがあるから安心料として成り立っている、と豪語している営業マンがたくさんいます。

もちろん信頼感は重要です。
でも私なら、信頼感もあって更にお得で保障の良い保険を選びたいです。

これって“わがまま”でしょうか??
そんなことないですよね?だってそれが出来る時代ですから。

だから、これから保険を考えていたり、見直しを考えているあなたには是非この2つの質問をして信頼できる営業マンを選択してくださいね。

ライター紹介

寄稿者

けいこママファイナンシャルプランナー

子育てをしながらファイナンシャルプランナー資格を取り、現在は都内を中心に活動する2児のママです。

記事投稿・監修

みんなの保険ゼミ事務局

投稿者プロフィール

プロによるファイナンシャル情報サイト「みんなの保険ゼミ」を運営しています。事務局からは様々な有益情報を時に専門家の執筆で発信していきます。

みんなの保険ゼミの最新の記事