【アラサー女子必見!】独身女性に保険は必要?

さて、今回のテーマは「独身女性に保険は必要か?」です。

私の職場(某保険ショップ)にも独身女性が多くいますが、仕事もバリバリ出来て素敵な女性たちばかりです。

彼女たちは仕事とプライベートのメリハリを上手くつけていて、休日には好きなミュージシャンのライブに出かけたり美味しい物を食べにレストランへ行ったりと、独身の今を公私ともに楽しんでいます。

それでは、独身女性に保険は必要かどうかを決める前に、どのようなリスクがあるのかを確認してみたいと思います。

仕事が充実するアラサー世代のリスク

07513f3f7c793523af32a1b386dd6665_s

30歳前後(いわゆるアラサー世代)になると、重要な仕事を任せられたり、後輩の指導にあたったりと仕事に充実感が出てきます。収入も増えてきて自分の好きな事に使えるお金も増えるのがこの頃です。

そして、それと同時に心や身体のメンテナンスも必要となるのがこの頃です。

仕事や対人関係から来るストレスの影響でホルモンバランスを崩したり、体調を崩したりする人もいるのではないでしょうか。

また、厚生労働省が発表している『平成23年患者調査』によると、20代と30代では子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫や乳がんのリスクが高まるとされています。

子宮筋腫や子宮内膜症は発症すると不妊や出産時のトラブルの原因に繋がりやすいため注意が必要です。

40代では子宮体がんや卵巣がんの発症リスクが高まります。また、乳がんの発症リスクが更に高くなりますので、出来れば毎年乳がん検診などを受診される事をお勧めします。

突然の病気やケガにどう備える?

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

まずは治療費はどれくらいかかるのかをイメージしよう

「突然病気になったら・・・」なんて急に言われても、どのくらいのお金があればいいのかなんてわからないですよね?

「乳がんは恐い」「子宮がんは治療が大変だ」と保険屋さんに言われて恐くなったとしても、すぐにその言葉を鵜呑みにして保険に加入しようなんて考えないでくださいね。

まずは具体的にイメージするところから始めてみましょう。

以前の記事、【女性疾病にかかる治療費っていくら?】医療保険とがん保険の考え方でもお伝えしていますが、かかる病気によって治療にかかる金額や治療法(入院、通院)が異なります。

例えば、子宮内膜症でホルモン治療を月1回6ヶ月行った場合、60,000円の治療費がかかります。また初期の乳がんの場合、治療費は約80万円~130万円となっています。

治療費は公的医療保険制度でカバーする事が出来る

病気やケガ、特に女性特有の病気と聞くと必要以上に心配する人もいるかもしれませんが、治療費の全てを準備する必要があるかと言えばそうではありません。

例えば1ヶ月で治療費が100万円かかったとしても、それが健康保険の適用の治療法であれば3割負担で済みますし、高額療養費制度も利用出来ますから、実質自己負担額は約9万円ほどです。

食費や差額ベッド代などがかかったとしても金額は小さなものでしょうから、必要以上に心配する事はありません。

また、あなたが会社員の場合は更に健康保険組合からの補助もありますから(傷病手当金など)、入院などで仕事を長期間休むなどする場合でも不安は少なくなるはずです。

保険会社の言う事を鵜呑みにしない!

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

保険会社は不安を煽ってくる!

保険ショップに勤めている私が言うのもなんですが、保険会社の言う事を鵜呑みにしてはいけませんよ!

保険会社の営業マンは病気のリスクや、女性特有のがんのリスクなど、こちらの不安をこれでもかと言うくらい煽ってきます。

「日本人の2人に1人が「がん」になる」とか「治療費はこれだけかかる」とか、キリがありません。

しかし、彼ら(彼女たち)は前述でもお伝えしているような公的医療保険制度の事などにはほとんど触れません。「かかる費用」ばかり強調して、「利用出来る公的補償」の説明をしない営業マンもいます。

「女性疾病」「ボーナス」と言う言葉に騙されない!

『本日限り!』『レディースデー』『10名様無料ご招待!』『限定5個!』など、私たちの周りにはなんとも甘い誘い文句が溢れています。

私を含め(苦笑)、女性って“限定”と言う言葉に弱いですよね。

ついつい「あ、今日逃すともう買えないかも!」「限定だから美味しいはず!」と、その言葉に乗っかってしまいます。。。

実はこの「限定」と言うものは保険にもあるんです。

それが「女性疾病」の保険です。

あなたは「女性疾病保険」「女性疾病特約」と言う言葉を聞いた事はありませんか?

女性疾病保険(特約)は、女性特有の病気になった場合に保険金や給付金が受け取れる保険です。

女性特有ですから「女性しか」加入出来ません。文字通り女性限定の保険なんです。

また、嬉しい事に(?)5年ごとにボーナスがもらえたり、祝い金がもらえたりするお得なプランもあるんです。

女性なら少しでもお得なほうがいいですよね。

しかも保険なら尚更「無駄なお金は使いたくないし、ボーナスがもらえて女性特有の病気もフォローしてくれる」なんて甘い言葉を言われたら、お得が好きな女性なら気持ちが傾いてしまうのではないでしょうか。

しかし、ここはちょっと冷静に考えてみましょう。

実はボーナスや祝い金は保険会社からもらえるお得なお金ではありません。通常の保険料に予めそのボーナス分の金額が上乗せされていますので、「自分で支払った金額が戻ってくる」だけなんです。

だったら最初からボーナスはいらないから、その分保険料を安くして!」ってなりませんか?

「女性疾病保険」はあって「男性疾病保険」はない?

女性疾病と言う言葉についてもそうです。

前の項目で、女性疾病にかかる費用についてお伝えしましたが、それと一緒に公的医療保障についても説明しました。

そこにもある通り、女性特有の病気にかかったとしても健康保険の適用の治療であれば高額療養費制度が利用出来ますので自己負担は少なく済みます。

もし既にあなたが医療保険に加入しているなら、女性疾病保険に追加で加入する必要はありません。

女性疾病保険に加入していないと、女性疾病が保障されないと言う訳ではありません

また、女性疾病保険はあっても「男性疾病保険」がないのはどうしてでしょうか?

答えは簡単です。「売れない」からです

男性特有の病気には前立腺がんや前立腺肥大などがありますが、高齢になってからかかる可能性が高く、特に若い男性には「男性特有の病気」と言っても心に響きません。

また、お金の事や自分の健康の事にしっかりと注意を払い、比較的前向きに保険を検討する女性に対して、男性は「保険なんて面倒臭い」「保険料支払うなら飲み会に使ったほうが有意義」など“いい加減”です(←ちょっと偏見入ってますかね)。

私の旦那も結婚してから嫌々机の前に座らせて保険の大切さを伝えて(半ば説教)加入してもらいました。

保険会社は当然、少しでも保険が売れる女性にアプローチしますよね。

これは保険だけに限った事じゃないかもしれません。世の中で流行るもののほとんどが「女性をターゲット」にしています。あなたも保険会社の言葉を鵜呑みにしてはいけませんよ。

 参考:現役FPが教える、保険の見直し相談で騙されないための5つのポイント

独身女性に保険は必要か?~結論

1853bd275245dfac988e28ac0f6c0751_s

独身女性に保険は必要か?その結論を言いたいと思います。

預貯金がなければ医療保険は必要

病気やケガの治療をしても健康保険が使えれば自己負担額は少なく済みますが、それでも少なからずお金はかかります。

「自分は預貯金が少ないから病気になったら大変だ」と思うのであれば医療保険に加入しておく事をお勧めします。

プランにもよりますが、30代前後であれば5,000円前後で加入出来る医療保険が目安ではないでしょうか。

死亡保険よりも年金タイプを

独身女性に多額の死亡保険は必要ありません。自分の葬式代(300~500万円)くらいはあっても良いですが、それ以上の保障は借金でもしていない限り必要ありません。

それなら、自分の将来のために個人年金や積立保険のようにお金の貯まる保険を利用しましょう。

ただし、女性の場合は結婚や出産で仕事を辞める時の事も考えて、辞めてからでも支払いが可能な金額で始めましょう。

保険と同時に貯金グセをつけよう!

毎月決まった金額の貯金をしていない女性はこの際、貯金グセをつけましょう。

貯金グセをつけるためには「余ったら貯金」ではなく「貯金をして余った分を生活費」と、発想を逆にしてみましょう。

「余ったら貯金」では私もそうでしたが絶対にお金は余りません!!

預貯金の額が増えれば生活にも余裕が出てきますし、何よりお金の使い方がわかってきます。

緊急予備資金として、生活に必要のない金額で200万円ほど貯める事が出来たら医療保険の保障を減らしてもいいかもしれないですね。

貯金ぐせがつけば、結婚費用や住宅購入費など、将来自分が使えるお金の選択肢が拡がります。

万が一病気になっても貯金があれば安心して治療に臨めますし、完治後の生活の不安も少なくなるはずです。

いかがでしょうか、あなたが独身の女性でバリバリ働いて預貯金が少ないのであれば、最低限の医療保険には加入していたほうがいいかもしれませんね。

でも、保険会社のいいなりになって必要のない保険まで契約しないように気をつけてくださいね。

そして、あなたが本気で生命保険を選びたいなら、あなたが信頼できるFPを選ぶことができる『FPのチカラ』がお勧めです。

『FPのチカラ』は保険相談大手の「保険マンモス」が新しくスタートさせたビジネスモデルです。相談するFPをあなた自身が選べると言う画期的なサービスを、あなたも是非一度味わってみてください。

もっと詳しく『FPのチカラ』について知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

 参考保険相談のクチコミランキングに変動!?これからは「FP完全指名型」の保険相談です!

生命保険の資料請求や保険相談についてもっと知りたい人は、こんな記事も参考にしてみるといいでしょう。

保険の加入・見直しをするなら、まずは「資料請求」そして「保険相談」と言う順番が理想。
保険の加入・見直しをするには順番が重要なカギを握っています。まず資料請求をしてその後に保険相談と言う流れです。なぜその順番なのか、その秘密を解説します。
けいこママ

けいこママファイナンシャルプランナー

投稿者プロフィール

ファイナンシャルプランナーでありながら、双子のママと言う『2足のワラジ』のライターです。私と同じようなママさんの共感が得られるような記事を頑張って投稿しますので、「これはいいね!」と思ったら、facebookやTwitterでシェアしてくれると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします。

Twitterでみんなのほけんゼミをフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

人気No.1記事

  1. 87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

    2015-2-9

    【しつこい!保険の勧誘】3つの上手な断り方と絶対やってはいけない事

    しつこい生命保険の勧誘って、ホント困ってしまいますよね。 自分はもう保険に入っているのに、「生年月日…

おすすめ記事

  1. 保険の見直し相談で質の悪いFPに騙されないために、事前に確認しておきたい5つのポイントを現役FPのた…
  2. 生命保険の資料請求をするには「正しい方法」があります。そしてそこにはちゃんとした理由もあります。その…
  3. 保険相談のクチコミランキングが変わります!時代は「FP完全指名型」の保険相談へと劇的にシフトしていき…
  4. 平成26年4月から父子家庭でも遺族年金が受け取れるようになりました。その概要を簡単に説明します。…
  5. あなたに本当に信頼できる保険の営業マンを見抜く2つの質問を教えます!この2つの質問に答えられない営業…

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

まずは資料請求

最初に読んでね

  1. 2015-12-9

    【プロのFPがこっそり教える】本当に正しい生命保険の資料請求の仕方

    生命保険の資料請求をするには「正しい方法」があります。そしてそこにはちゃんとした理由もあります。その…
  2. 2015-11-17

    保険相談のクチコミランキングに変動!?これからは「FP完全指名型」の保険相談です!

    保険相談のクチコミランキングが変わります!時代は「FP完全指名型」の保険相談へと劇的にシフトしていき…
  3. 2015-10-10

    「保険相談は保険マンモスがいい!」ってよく聞くけど、本当に評判はいいの?

    保険相談サイト大手の「保険マンモス」の評判は、ネットクチコミなどでは「良い」とされていますが、それは…
  4. 2015-3-7

    【アラサー女子必見!】独身女性に保険は必要?

    アラサー独身女性に保険は必要?それとも不要?女性疾病ってお金がかかるの?無駄な保険に絶対に加入しない…
  5. 2015-2-8

    「オーダーメイドの生命保険」に騙されないで!

    保険のセールスが多用する「オーダーメイドの保険」と謳う宣伝文句、実はオーダーメイドでもなんでもありま…
ページ上部へ戻る